敏感肌になってしまう原因は「食べ物」にあるの?

敏感肌になってしまうと、一般的な普通肌用の化粧水も合わなくなってしまうので肌の手入れが大変になってしまいます。また、ずっと敏感肌ではなかったのに急に敏感肌になってしまうことがあります。それは季節の変化で外気が急に冷たくなったり、花粉が肌について反応してしまっていることなどが挙げられます。

 

こうした時はできるだけ刺激にならないスキンケア・化粧水を選び、敏感肌が悪化しないようにもしましょう。
また、敏感肌になってしまう原因に、食べ物があります。食べ物は丈夫な肌をつくるのに必要なものですから、栄養がしっかり取れていないことで肌が弱くなってしまうこともあるでしょう。敏感肌になってきたと感じた時は、まず肌を強くできるような食べ物に注目してみましょう。ビタミンCなどが多く含まれている果物はもちろん、良質なたんぱく質が含まれている食べ物も肌に良いです。

 

また、敏感肌の原因が食べ物、気温などで心当たりがないような時は使っているメイク用品もチェックしてみましょう。パウダーのスポンジやブラシが汚れていると、そこから菌が入って肌が荒れ、敏感になりやすくなります。特にチークに使うブラシなどは強く頬をこすることによって肌の表面もガサガサになってしまうので気を付けたほうが良いでしょう。
敏感肌になってしまう原因はいろいろなところにあるので、何が原因になっているかを探ってみるといいです。思いがけないところに原因があるかもしれないので、自分で分からない時は皮膚科に行くのも良いです。